矯正治療の目的矯正治療の目的

矯正治療の目的

矯正治療の目的とは何でしょうか?患者さんからは矯正治療で「歯の並びを綺麗にしたい」とご相談を受けます。けれども矯正治療は、歯の並びの改善を通して「噛めるようにする」というのが最終的な目標です。

しかしながら、矯正治療を終えたのにもかかわらず、問題を抱えて名取歯科医院にご相談にいらっしゃる患者さんの中に、その「最終的な目標」に到達していない方が多くいらっしゃいます。

こちらの写真の患者さんも矯正治療後に、噛み合わせに問題を抱えて来院されました。この患者さんだけではなく、矯正治療後に問題を抱えて名取歯科医院にいらっしゃる方の殆どが、「上下の前歯の噛み合わせが無い」という状態になっています。

このように前歯の噛み合わせが無いと歯ぎしりを起こし、それが続くと歯の破折などを起こす場合もあります。前歯がしっかり噛んでいない状態が続くと、奥歯に大きな力がかかり歯を痛めると同時に顎関節にも悪影響が現れます。自覚症状として、うまく噛めない、顎が痛い、エラが張る、頭痛がするという事を主訴として来院される患者さんもいらっしゃいます。

治療後に「きちんと噛める」というのが矯正治療の大前提です。

この患者さんの場合は、名取歯科医院でワイヤーを使わないインビザラインという方法を使って、前歯の噛み合わせを改善した結果、それまで抱えていた症状を全て改善することが出来ました。
矯正治療は「歯を綺麗に並べるための治療」ではありません。歯並びだけを整えるのではなく矯正治療をした後も後戻りを防止するために、噛み合わせの調整をしなくてはなりません。歯を動かしただけでは噛み合わせをきちんと作ることはできないのです。

歯は陳列された商品ではありませんし、お口はショーケースではありません。ストレスなく噛めるという機能を満たしてなければ、どんなに粒ぞろいの白い歯がキラキラと並んでしても矯正治療の意味は半減だと思います。歯科治療は偏った考えだけに囚われてはいけないと、名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。