,

神経を抜いてしまうリスク神経を抜いてしまうリスク

神経を抜いてしまうリスク

これは「半年前に治療したジルコニアの歯が何か変だ」という主訴で来院された患者さんのお写真です。表面を見るだけでは異常は見られませんでしたが、レントゲン撮影してみると、虫歯が残っているようでした。ご説明の上でジルコニアを外すと、予想以上に大きな虫歯が進行しており神経まで達していました。

赤色は虫歯を発見するための染色剤で、流しても赤く残る部分は虫歯です。虫歯を完全に除去すると、神経が露出してしまいました。

通常、この段階で神経を取る治療が行われます。しかし、神経を取ると歯の免疫は低下し、どんなに注意深く治療を施しても、次に歯の破折がおこり、その結果として抜歯、最終的には歯科インプラント治療と、どんどん治療の範囲が大きくなり、時間がかかり、高額になっていきます。

そこで今回、私は神経が露出した段階で、MTAという薬を使ってできるだけ神経を残す治療を行いました。

このように神経を守って残すことで歯の免疫力を保ち、長期的に歯の健康を維持できる可能性が高めます。また歯の根の治療(根管治療)はマイクロスコープを使い虫歯を完全に除去し、ラバーダムを使用することで雑菌の感染を防ぐことが非常に大切となります。神経を保護する治療は、歯の健康を長く保つために非常に重要です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策