,

大切なのは原因である大切なのは原因である

大切なのは原因である

こちらはインプラントのCMなどでもよく見るイラストです。

このようにインプラント治療は「無くなった歯の代わりにインプラントをすれば咬めるようになります」というものです。そこには実は落とし穴があります。

インプラント治療自体、私はもちろん賛成です。しかしインプラント治療をする際に「どうして以前そこにあった歯が無くなってしまったか?」という原因を考え知ることが大切であると、名取歯科医院では考えています。その原因を知らずにインプラント治療を行えば今度はインプラント自体に問題が発生してくるのです。

被せ物やインプラントはただの治療方法に過ぎません。

インプラントに限ったことではありませんが、治療法はその基本に沿って行えば極端な話どの歯科医でも出来ます。しかし、その歯を失った原因を追及する歯科医師は殆どいません。そのためインプラント治療後に「なにかがおかしい」や「咬めない」などの様々な問題が発生するのです。ある患者さんは他院の歯科医師に咬めないと訴えた所、その歯を削られそこでは咬まないで下さいと言われたとのことです。

歯科治療、ましてやインプラント治療は、再び快適に咬めるために行う治療なのに、結果咬めなくなってしまうというのは何と馬鹿げた話でしょう。インプラント治療をはじめ歯科治療は歯だけをみるのではなく、歯や骨、または筋肉など、医療の基本とも言える人体(解剖学)への知識が必要だと名取歯科医院は考えます。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。