,

根幹治療と虫歯の除去根幹治療と虫歯の除去

根幹治療と虫歯の除去

「根管治療」は歯根の中を通る根の管から、虫歯に冒された神経や血管を丁寧に取り除き、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れ、最後に被せ物をする治療です。
虫歯の進行により歯の神経まで冒されてしまった場合、従来は抜歯をするのが当たり前でしたが歯を抜いてしまうと歯並びの乱れなど、ほかの歯への影響があります。そこで自分の歯をできるだけ残すことを考えた「根管治療」が一般化してきました。

根幹治療の基本は徹底的な虫歯の除去、根管から虫歯菌を追い出すこと(根の消毒)です。名取歯科医院は歯の根を拡大するマイクロスコープ治療、軟組織を立体的に診る CT 検査、細菌感染をさせないラバーダム使用を徹底しています。

歯の根の治療はラバーダムが必須だと名取歯科医院では考えています。他院の歯科医師の中には、ラバーダムなど必要ないと医師もいるようですが、これは間違いです。前回のコラムの繰り返しとなってしまいますが、唾液の中には無数のばい菌が存在するためラバーダムをしないと治療中に細菌感染を起こす可能性が極めて高くなります。根の消毒をしているのに、逆に細菌感染を起こしてしまっては意味がありませんよね。

こちらの患者さんですが、金属の詰め物の状態では特に虫歯は大きくないように見えますが、深く削っていくと大きな虫歯が隠れています。

治療前にデンタルドックで分かっていたことですので、治療計画としては詰め物を取り除いたのちある程度虫歯を除去した後に、ラバーダムをして根幹治療で徹底的に根の消毒を行っていくことをご提案。患者さんに理解していただいた上で治療を進めました。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。