将来を見据えたインプラント将来を見据えたインプラント

将来を見据えたインプラント

インプラント治療は最初に歯ぐきの骨にインプラント本体を埋める作業(埋入)をおこないます。この動画はその後、セラミックの歯をスクリューで固定する時のものです。

以前、インプラントはセメントで固定していました。しかし時間の経過と共にセメントは劣化します。患者さんがご高齢になった時に、例えば施設にご入居され時などインプラントを外さなくてはならなくなった際、セメント固定をしていると容易に外すことができません。

しかしこのようにネジ式の固定にしておけば、麻酔を打つリスクもなく、取り外す事が可能です。名取歯科医院では「インプラント治療は患者さまの将来を見据えたものでなければならない」と考えています。

ネジ式の固定なら、インプラントをしている歯科医院でしたらどこでも再施術可能です。ユニバーサルであることは社会性だけでなく歯科治療にも求められることなのです。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。