噛み合わせはデジタルで可視化噛み合わせはデジタルで可視化

噛み合わせはデジタルで可視化

皆さんも歯科医院で経験があるかも知れませんが、咬み合わせの治療をする場合は通常、青色や赤色の紙をお口に入れて患者さんに咬んでもらい色がついた歯を見ながら、歯科医師がどこが高いかを患者さんに聞き歯科医師が歯を削ります。これは患者さんの感覚と歯科医師の経験則で行っているため、正直、いささか正確性に欠けると言わざるを得ません。名取歯科医院ではそのような正確でない昭和型の治療ではなく、時代に即したデジタル機器を使います。もちろん術者が正しい知識と操作をもっていることが大前提ですが、これらは非常に正確でデータも保存も可能なため治療中・治療後に直接患者さんに変化を確認して頂く際にも有効でデジタル化、データ化、可視化は令和の歯科治療では欠かせないものと名取歯科医院では考えています。

咬み合わせの治療や顎関節治療は、マウスピースだけ使っても治りません。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。