審美性と機能性審美性と機能性

審美性と機能性

名取歯科医院の白い歯は基本的に*メタルフリーのセラミッククラウンを選択し、金属を使わないメタルフリー治療を推奨しています。金属アレルギーの原因の1つがお口の中の金属にあることが広く知られるようになってきました。金属をお口の中に使用することで、歯ぐきの炎症や黒ずみ、口内炎などのトラブルにつながるケースも多くみられ、今後の健康リスクに配慮しセラミックの土台をジルコニアで作ったセラミッククラウンを採用しています。

メタルボンドクラウンのように土台に金属を使用しないため、自然な透明感とセラミック特有の屈折率で他の天然歯とセラミッククラウンの調和をはかることができます。ただし長くお口の健康を長期間保つためには、咬み合わせの診断と治療も重要となります。このために名取歯科医院では例え1本のセラミック治療でも歯の人間ドックと言える「デンタルドック」を必ずお受け頂いています。

セラミッククラウンと噛み合わせ

セラミッククラウンと噛み合わせ

この画像を補足しましょう。患部の神経が元々無かったので虫歯を丁寧に取りきり、根管治療の後に白い土台(ファイバーコア)を形成して、ジルコニアのセラミッククラウンを入れている画像です。ご自身の周囲の歯との調和がとれた仕上がりは金属を使用していない審美的なメリットです。また治療後の噛み合わせも状態良く保たれています。

金属を使わないメタルフリー(ノンメタル)治療にご興味のある方、噛み合わせや顎関節症でお悩みの方は、遠慮無く無料カウンセリングからお問い合わせください。

*患者さんのご予算に沿って、メタルベース(メタルボンド)のセラミッククラウンもご用意はございます。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。