症例紹介症例紹介

目立つ銀歯をジルコニアセラミックで白く治療

40代 / 女性 2020年5月25日 公開

治療前
治療前
治療後
治療後

治療内容

  • デンタルドック部分
  • メタルインレー除去
  • 虫歯除去
  • ジルコニアクラウン(臼歯)

治療費用
¥226,000

費用明細はこちら

患者さんは40歳の女性で、痛みなどの自覚症状はないという事でしたが過去に他院で保険治療した目立つ銀歯を白く綺麗に治療したいとのことで、ご来院されました。

治療ステップ

step1

初診時

患者さんからは歯が痛んだり、浸みたりする自覚症状はないとのことでしたので、過去に他院で保険治療した目立つ銀歯を白く綺麗に治療したいとのことで、ご来院されました。今回の主訴は左下6番の銀歯でしたが保険の被せ物は適合が悪くすき間から虫歯を誘発してしまったり、噛み合う歯や隣りあう歯に悪影響を及ぼすことがあるためデンタルドックで精密検査を行うことにしました。

step2

現状と治療計画

歯式

歯式

デンタルドックで取得したレントゲンやCT画像をもとに診査診断をおこないます。

レントゲン写真

口腔内を見ただけでは異常がわかりませんが、レントゲンを確認すると銀歯の被せ物の歯に虫歯が確認できました。患者さんも神経は取らずに残したいというご希望がありました。幸い虫歯が小さかったこともあり丁寧に虫歯を除去してセラミッククラウンを被せる治療計画を立てました。

step3

保険の銀歯(メタルインレー)の除去と虫歯治療

保険の銀歯(メタルインレー)の除去

始めに保険の銀歯(メタルインレー)を全て除去しました。保険の銀歯を取り除くと、銀歯に隠れていたその下は、事前の予測通り虫歯が進行していました。残っている天然歯を痛めないように、温度や振動を気を配り丁寧にじっくりと手作業で虫歯を除去します。

メタリックインレーの除去と虫歯治療

虫歯の取り残しのないように「カリエス検知液」というピンクの薬液を用いて確認しながら虫歯を取り除きます。この「カリエス検知液」を水で洗い流して残ったピンク色の部分がすべて虫歯です。高速のドリルだけでなく、細い金属のヘラを使って柔らかくなった虫歯部分だけを手作業で取り除き、また「カリエス検知液」を用いて確認。この治療を根気よく続けます。

メタリックインレーの除去と虫歯治療

このように徹底的に虫歯を除去すると、銀歯を取り除く前の予想よりも歯を削る量が増えることがあります。しかし長期的に治療後の経過(予後)を考えた場合に、この治療で虫歯を取り残すことのないよう撲滅することが一番大切になります。そのため患者さんにもご説明のうえ徹底的に虫歯を除去しました。
step4

シリコンによる精密な印象(歯型とり)

虫歯を徹底的に除去すると歯には大きな窪みができます。ジルコニアクラウンを被せるための土台を作りますが、今回はレジンによる裏層と形成を選択し支台歯を形成しました。名取歯科医院ではシリコン印象という方法で歯型とりを行います。機能性をともなった審美歯科に歯型取りはとても大切な治療工程です。この印象においてシリコンではなく寒天やアルジネートを用い歯型取りを行う歯科医院もありますが、これらはシリコンに比べ移し取る歯形の精密さが劣るため、自由診療で質の良いジルコニアクラウンを被せたとしてもクラウンと歯ぐきの間に隙間ができ密着しないのです。

そのため、名取歯科医院では歯型取りでは、この精密なシリコン印象を用いています。型どりしたシリコン印象を元にして歯科技工士は治療するジルコニアセラミックのクラウンを模型上で手作りしていきます。

step5

ジルコニアクラウンをセット

ジルコニアクラウンをセット

歯科技工所にて手作りされたジルコニアクラウンを支台歯にセットします。ジルコニアクラウンは表面がツルツルしてなめらかなため汚れが付きにくく、非常に衛生的ですが素材が極めて硬いため、セット時の精密な調整が治療のポイントとなります。しかし正しく形成された支台歯をシリコン印象で歯型として採得し、精密に移し取った型から作られたクラウンを正しく接着し、治療後も口内ケアと定期検診をおこなっていけば虫歯の再発リスクは限りなくゼロに近づけることができます。

治療後

治療費

デンタルドック ¥28,000
メタルインレー除去 ¥11,000
虫歯除去 ¥11,000
ジルコニアクラウン(臼歯) ¥176,000
合計 ¥226,000

一般歯科
審美歯科
無料カウンセリング 精密検査

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。