歯科治療の目的とは歯科治療の目的とは

歯科治療の目的とは

数年前に他医で院抜歯宣告された歯に対して、名取歯科医院で治療をした患者さんの経過を撮影した CT 画像です。ちなみにCT撮影は従来のレントゲンに比べて、このように細部まではっきりと写り細かい部分まで見ることが出来ます。

上の大きな写真の歯の周りに見える黒く見えている部分が、炎症によって歯の周りの骨が溶けてしまっている状態です。名取歯科医院では抜歯宣告された歯を残す治療にチャレンジしました。難しい治療で文字通り挑戦でしたが、この写真のように厳しい状況でも正しい治療をする事によって骨も回復し元の状況に戻る場合も多いのです。
安易に抜歯せず、安易にインプラント治療に逃げず、歯を残す治療に全力をかけることは、患者さんの大きな利益になると名取歯科医院では考えています。もちろんインプラント治療を否定するわけではありません。
インプラント治療に限らず、セラミック治療、骨を作る治療、神経の治療、様々な治療がありますが、これらはすべて「手段」です。歯科治療の「目的」は、美味しい食事をして体全体に栄養を届けるために歯とお口を健康にすることだと思います。目的が先にあり、そのためにどのような治療をすれば良いのか? 何が患者さんにとってベストなのか? を考え続けること。これを決して忘れてはいけないと名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。