進行した虫歯は根から治します

虫歯の進行により歯の神経まで冒されてしまった場合、従来では抜歯をするのが当たり前でしたが、歯を抜いてしまうと歯並びの乱れなど、ほかの歯への影響も懸念されていました。そこで、ご自分の歯をできるだけ残すことを考えた治療「根管治療」が一般化してきたのです。

根管治療は、歯根の中を通る根管の中から、虫歯に冒された神経や血管をきれいに取り除き、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れ、最後に被せ物をする治療です。この根管治療は、肉眼では見えない部分の治療のため高度な技術が必要ですが、これを確実に行うことによってご自分の歯を残し、長く使うことが可能になります。

複雑な歯根の中の治療にはマイクロスコープが必須です

根管治療が成功するかどうかは、きれいに消毒をした根の先までにしっかり薬剤を詰める処置が重要なカギとなります。しかしながら、歯の根もとにある根管はとても細くて複雑な形のため、肉眼で見ることができません。そのため、今までの治療は経験と勘が頼りでした。

マイクロスコープを使用して視野を拡大することで確実に見て複雑な根もとを細部までしっかり治療することが可能になりました。
根管治療後の予後が良くない場合には抜歯になる可能性が高くなります。
マイクロスコープを使用する事によって歯を長持ちさせれば、抜歯の可能性も少なくなります。同時にインプラント治療をするという可能性も少なくなるのではないでしょうか。
» マイクロスコープについてくわしくはこちらをご覧ください

Dr名取の考える根管治療の重要性

根管治療は非常に大切な治療です。虫歯などで神経が冒されてしまった場合には歯の神経を除去して、その後にお薬を詰めますが、この処置の善し悪しでその歯の寿命が決まってしまうと言っても過言ではありません。しかしながら根管治療を完璧にしたとしても、神経が残っているご自身の歯には戻りませんが、歯を失う可能性は当然低くなります。

もし抜歯に至ってしまうと、次の処置すなわち他の歯を削ってブリッジにするとかインプラントをする為に手術をするまたは入れ歯になってしまいます。
今までの根管治療は裸眼下で行われており、その歯科医師の感や経験を元に行われてきました。ただやはり神経の中が見えないで治療をするというのは手探りで治療するのと同じなので、いつも同じ結果を出すという事が非常に困難になります。

これからの根管治療は顕微鏡治療すなわちマイクロスコープで、しっかり神経の中を見ながら確実に治療をするということが主流になってくると考えています。インプラントも良いですがまずご自分の歯をがんばって残してみませんか?それでもだめでしたらインプラント治療でも遅くはないと思います。(状況によっては残せない歯もありますので、ご了承下さい)

安全な治療を行うためのラバーダム

根管治療では、根管を無菌状態に保つ必要があるため、名取歯科医院では安全安心の根管治療のためにラバーダムを使用しています。ラバーダムは、根管治療などの際に歯に装着した汚れや唾液などの細菌が根管内に侵入しないよう保護するゴム製のシートで、清潔な環境を保つことが可能になります。また、治療中に使用する薬剤から口腔内の粘膜を守るとともに、小さな治療器具やフィルムなどの誤飲事故の防止にも役立ちます。