医療法人 健明会 名取歯科医院

  • コンセプト
  • 診療内容
  • 治療費用・症例
  • スタッフ
  • Call: 0120-284-622
  • 診療予約

最近のインプラントのトラブルについて

よくあるトラブル

インプラントの脱落

インプラントは、顎の骨との結合が不十分な場合に脱落することがあり、その原因の多くは、埋入時に骨に穴をあけるドリリングの技術不足であると考えられます。また、事前の診査診断が不十分で、顎の骨が薄い、足りないといった問題点を把握できていなかったというケースも考えられますが、最近では素材や技術の進歩により、このようなトラブルは少なくなりつつあります。

人工歯が取れたり折れたりする

人工歯だけが取れてしまったり折れてしまったりする原因には、噛み合わせが悪く、噛んだときに一部分だけに力が加わってしまったことが考えられます。これは、インプラント治療の前に行うシミュレーションの際に、噛み合わせに関する検討が不十分だったことが原因となっている可能性があります。

噛みにくい

インプラント治療を受けたにもかかわらずしっかり噛むことができないという場合の原因には、インプラントの土台の上に入れた被せ物の咬み合わせがきちんと出来ていない事が考えられます。インプラントを骨の中に入れるという知識だけではなく、咬み合わせを揃えるという知識も必要になりますので総合的な知識が必要になります。

インプラント周辺の歯ぐきが腫れた

インプラント埋入後、その周辺の歯ぐきが腫れている場合は毎日のケアがきちんとされていないか、インプラントの上にの被せ物と歯肉が調和していない等がかんがえられます。特に被せ物と歯肉の間にギャップがあると周辺の骨が溶ける、細菌に感染するなどのリスクが高まることによって歯ぐきの腫れが現れるのです。

トラブルが起こる原因

原因1: 顎の骨の状態がよくない

顎の骨の量が少ない場合は、インプラントを埋入しても安定性が悪いため、少しの力でも脱落する可能性が高くなります。

原因2: 衛生管理不足

衛生状態の悪い条件での治療やや滅菌がしっかりされていない器具を使用した場合、患部にグローブやマスクの汚れ、髪の毛、皮膚の汚れが付着した場合など、衛生面で問題があると感染症を引き起こし歯ぐきや顎の骨が弱まり、結果としてインプラントの脱落につながることがあります。インプラント治療では器具の滅菌には細心の注意が必要です。

原因3: 検査データの診断ミス

インプラント治療にあたっては、さまざまな検査データを基に診査診断を行いますが、診断ミスによって神経の損傷を起こしたり、インプラントの埋入方法に問題が生じたりして、インプラントの脱落を招く可能性があります。出来るだけ多くのデータを収集して総合的に治療計画を立案する事が大切です。

原因4: 技術者のスキル不足

インプラント埋入の際、骨に穴をあける必要がありますが、インプラントの直径よりも大きな穴をあけてしまうと顎の骨との間に隙間ができてしまうため、インプラントの脱落につながります。このような問題は、技術者のスキル不足が原因と考えられます。

原因5: 刺激や負担をかけてしまう

通常インプラントが顎の骨と結合するには数ヶ月かかり、その間できるだけ安静を保つことが大切になります。その間、舌や指で患部を触ると、無理な力がかかってしまいインプラントが脱落してしまうことがあります。できるだけ、患部には触れないように過ごすことが必要なのです。

原因6: メインテナンス不足

毎日のブラッシングが不十分な場合には、インプラントの周りにプラークが溜まり、インプラント周囲炎に感染する可能性があります。歯周病と同じ症状を持つインプラント周囲炎に感染してしまうと、インプラントの脱落につながります。

原因7: 噛み合わせの不具合

噛み合わせが乱れるとブラッシングがしにくくなるためプラーク(歯垢)が溜まりやすくなり、インプラントに悪影響を及ぼす可能性が高くなります。噛み合わせはいつも同じ状態を保っているわけではないため、歯科医院で定期検診を受け、噛み合わせをチェックすることが大切です。

コンセプト
診療内容
治療費用
スタッフ
医院について・アクセス

 

あなたの歯のお悩みをまずはメールにてお話ください無料メール相談

Facebookはこちらから

顎関節症.info