実はコンビニの1.5倍以上も歯科医院は存在します

 

現在、日本にある歯科医院の数をご存じですか? その数は約68,000軒にもなり、コンビニエンスストアの約1.5倍にあたります。このたくさんの歯科医院の数、選択肢が増える一方で「どの歯科医院に行けばいいのかわからない」という声もお聞きします。そこで、以下でよい歯科医院を見付つるポイントをご紹介します。よりよい歯科医院選びの参考にしてください。

求められる歯科医院とは

1. 治療の説明をしっかり行う

患者様のお歯科医院を選ぶポイント口の状態がどうなっていて、どのような治療を行っていくのかをわかりやすく、なおかつメリットだけではなくデメリットについてもしっかり説明してくれる歯科医院がおすすめです。

2. 検査や写真の撮影を丁寧に行う

さまざまな検査や口腔内撮影、レントゲン撮影などを行うことで、患者様の口腔内に関するデータが収集でき、そのデータがあることで、虫歯や歯周病をはじめとするお口の病気の早期発見、早期治療につながります。

3. トラブルのある歯をすべて治療する

口腔内には、患者様の主訴によるトラブルだけでなく、そのほかにもトラブルが起こっていることがあります。トラブルを残したままだと、ほかの健康な歯にも影響が及んでしまうことも。可能なかぎり、虫歯や歯周病などトラブルのあるすべての歯を治療してくれる歯科医院がおすすめです。

4. 持病やアレルギーを考慮してくれる

持病をお持ちで普段から薬を飲まれている方や、薬や金属などのアレルギーをお持ちの方は、治療の際にはその点が十分に考慮される必要があります。安心して治療を受けるために、あらかじめ持病やアレルギーの有無をきちんと確認してくれる歯科医院がおすすめです。

5. メインテナンスに力を入れている

治療後には、お口の健康を維持していくために定期的にメインテナンスをしていくことが大切です。とくに、ご自宅でのブラッシングだけではどうしても十分とはいえないため、最後の診察から3ヶ月経ったときのメインテナンスは欠かせません。PMTCやブラッシング指導など、一人ひとりのお口の状態に合わせたメインテナンスをしっかり案内してくれる歯科医院がおすすめです。