歯周病の症状と治療法

歯ぐきに炎症が起き、歯と歯ぐきの間が少し深くなっています。この段階では痛みはほとんどありませんが、ブラッシングの際に出血することがあります。
治療法

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日のブラッシングは歯周病治療の基本です。正しいブラッシングを行っていただくために、患者様一人ひとりに合った方法を指導します。

スケーリング

スケーリング

専門の器具を使用し、歯と歯の間や歯周ポケット内のプラークや歯石を除去します。この処置によって、症状の進行を防ぎます。
中等度(歯周炎)
症状が進行し、炎症が顎の骨に達した状態です。歯ぐきが痩せ、歯周ポケットがさらに深くなって顎の骨が溶けはじめ、歯がグラグラするようになります。
治療法

ルートプレーニング

ルートプレーニング

専門の器具を使用し、歯周ポケットの奥のほうにこびり付いた状態のプラークや歯石、感染した歯質を除去します。
重度(歯周炎)
かなり進行した状態です。歯周ポケットは大分深くなり、顎の骨は半分以上溶けています。この段階になると歯ぐきから膿が出るようになり、強い痛みも生じ口臭が発生、歯もかなりグラグラするようになり、最悪な場合には抜けてしまう恐れがあります。
治療法

フラップ手術

フラップ手術

歯ぐきを切開し、歯根を露出させたうえで歯の根もとにこびり付いたプラークや歯石、感染した歯肉部分を除去します。

GTR法

GTR法

顎の骨が溶けてしまった部分に、人工骨や自家骨を移植することで、骨を再生させます。
» GTR法についてはこちらをご覧ください

エムドゲイン法

エムドゲイン法

顎の骨が溶けてしまった部分に、エムドゲインゲルという薬剤を入れスペースを確保することで、骨の再生を促します。
» エムドゲイン法についてはこちらをご覧ください