知らないうちに歯周病は進みます

歯周病は、「歯周病菌」がプラーク(歯垢)や歯石の中でどんどん増殖して歯ぐきに炎症を起こすことからはじまる病気です。それが慢性化し悪化することで、歯ぐきや顎の骨が徐々に破壊されていき、最悪の場合には歯を失うことにつながります。

歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどないため、歯ぐきからの出血や腫れといった症状が確認できたときには、かなり進行していることも珍しくありません。今日、日本の成人の約8割が歯周病になっている、もしくはその予備軍といわれ、日本人が歯を失う第一の原因ともいわれています。

実は歯周病は怖い病気です

歯周病は、さまざまな全身疾患に関係していることが、最近の研究によりわかってきました。妊娠中の方や高齢者はもちろん、一般の方にもいろいろなリスクが確認されています。

心臓疾患 血管を通して歯周病菌が心臓へ達し、動脈硬化や血栓を誘導すると考えられています。これによって血液の流れが悪くなり、狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなります。
糖尿病 糖尿病は、歯周病と密接な関係があるといわれています。歯周病になっていると血糖値のコントロールが難しくなり、糖尿病が悪化することがあり、また、血糖値の上昇によって免疫力が低下すると、歯周病の発症・進行につながります。
誤嚥(ごえん)性 肺炎 誤嚥とは食べ物などが誤って気管や肺に入ってしまうことですが、このとき歯周病菌を一緒に飲み込んでしまうことで、肺炎などを起こすことがあります。これは、飲み込む力が弱まっている、または免疫力が低下している高齢者によく見られます。
関節炎・腎炎 関節炎や糸球体(しきゅうたい)腎炎の原因となる黄色ブドウ球菌や連鎖球菌は、口腔内にたくさん存在しています。それらの細菌や歯周炎によってつくられた炎症物質が、血液中に入り込んで関節炎や腎炎を発症する可能性があります。
骨粗しょう症 骨粗しょう症は、エストロゲンといわれるホルモンの分泌が低下することで起こります。これにより歯や顎の骨が弱くなり、歯周病の重症化につながると考えられています。
低出生体重児・早産 妊婦が歯周病にかかると、低出生体重児や早産の危険性が高まると報告されていますが、これは歯周病菌が血管を通して陣痛に似た筋肉の収縮を起こすためと考えられています。今までタバコやアルコールなどによるリスクが取り上げられてきましたが、歯周病はそれ以上に危険性が高いといわれています。