マイクロスコープとは

繊細で高度な技術を必要とされる脳外科や、心臓外科の手術などに使用されているマイクロスコープは、肉眼では見えない細かな患部を確認することが可能な医療用の顕微鏡です。

このマイクロスコープを使用することで、初期の虫歯や根管の内部、歯周組織や歯の切削面など、従来肉眼では見えなかったり、わかりにくかったりしたさまざまな部分をしっかり確認しながら治療できます。治療する部分が最小限で済むうえに治りも早いなど、患者様の負担軽減にも役立ちます。

マイクロスコープを使った根管治療により、歯を長持ちさせることが可 能になり 抜歯からインプラント治療というリスクを軽減することが出来ます。
※歯の状態によって状況は変わってきますので、すべての歯が可能というわけ ではありません。

マイクロスコープを使用するメリット

メリット 1. 見えないところを見る治療

肉眼では見ることができないような小さな患部も大きく見えるので、正しい状態を捉えることができます。それによって、経験や勘に頼った治療ではなく、より安全性の高い治療をご提供できます。

メリット 2. 患者様への負担を最小限に

マイクロスコープを使うことで治療する部分を最小限に抑えることができるため、傷口も小さく、早い治癒が期待でき、患者様の身体的な負担を軽減することが可能です。また、小さなトラブルも見つけられることですぐに対応でき、病気の再発防止につながります。結果的に、治療回数や治療費などの負担軽減につながります。

メリット 3. 治療の可能性の拡大

今まで、患部を確認できないために治療が難しいとされてきた症例はたくさんありますが、マイクロスコープによって精密な診断ができるようになり、治療の可能性が広がりました。また、肉眼で見えなかった細部まで見ることができるので、再治療のリスクも少なく済みます。

メリット 4. 治療精度の向上

これまで、肉眼で口腔内を細部にわたり確認するのは歯科医師にとって身体的な負担となっていましたが、マイクロスコープを使用することで無理なく患部を確認できるようになりました。歯科医師がベストな状態で治療を行うことができるようになったことで、治療精度の向上につながります。

~マイクロスコープを使用した拡大視野~

マイクロスコープなら、これだけ拡大することができます。

10倍

10倍

20倍

20倍

マイクロスコープを使用するケース

根管治療(歯の神経の治療)

細かな患部を扱う難しい根管治療ですが、マイクロスコープを使用することで患部を4~20倍に拡大して見ることが可能になり、安全性の高い治療が行えます。

虫歯治療

最大20倍という大きさにまで拡大できるため、小さな虫歯も確認できます。また、虫歯部分のみを削ることができるので、健康な歯質へのダメージを最小限に抑えられます。

歯石除去

今まで、歯ぐきの奥にこびり付いていたり、目では見えないくらい小さかったりする歯石を除去することは困難でしたが、マイクロスコープを使用することではっきり確認できるようになり、徹底的な除去が可能になりました。

外科的処置全般

インプラント治療をはじめとする外科的手術の際にマイクロスコープを使用することで、患部を細部まで拡大できるようになり、作業効率が上昇して、治療時間の短縮につながります。また治療の「見える化」によって、治療患者さんの身体の負担も軽減できるようになります。