骨が少ないといわれてもあきらめないでください

インプラント断面図

インプラント治療において、インプラントをしっかり固定させるには骨の厚みがある程度必要になります。しかし、長く歯を失った状態のままにしてしまうと、その部分の骨が痩せてしまい、厚みが足りなくなることもあります。そのようなときに行うのが、骨の再生を促し骨の厚みを確保する「骨造成術」という方法です。

GBR(Guided Bone Regeneration)

GBR・インプラント埋入

GBR・歯ぐきと骨の間に特殊な膜を張る

GBR・骨の再生を促し、インプラントを安定させる

GBRとは、骨の厚みなどが足りないときに多く用いられる治療法のこと。歯ぐきと骨の間に特殊な膜を張り、できた空間に骨が再生するよう促します。膜には吸収性のあるものとないものがあり、吸収性のない膜を使用した場合には、手術後4〜6週間で除去が必要です。骨の状態によっては骨の補填材を入れることもあります。

サイナスリフト

歯を失うことで生まれた「サイナス」

上顎洞の底を押し上げるように自分の骨や骨補填材入れ、補強

インプラント土台埋入

注入した骨または骨補填材がなじんだ様子

インプラント完成

上顎の上部にある「サイナス」と呼ばれる上顎空洞は歯を失うことで広がり、インプラント治療に必要とされる骨の厚みが足りなくなることがあります。そこで、上顎洞の底を押し上げるように自分の骨や骨補填材を入れ、骨を補う方法がサイナスリフトです。この方法は、上顎の骨の厚みが5mm未満の場合に用いられることが多く、個人差はありますが骨の造成には6〜12ヶ月ほどかかります。

ソケットリフト

上顎の骨に穴をあけてそこから器具を挿入

上顎洞の底を持ち上げる

できたスペースに、人工骨や骨補填材を押し込み骨を補ってインプラント施術を行う

まず上顎の骨に穴をあけてそこから器具を挿入し、上顎洞の底を持ち上げます。それによってできたスペースに、人工骨や骨補填材を押し込むことで骨を補う方法がソケットリフトです。サイナスリフトと同じように上顎洞を上げる方法ですが、比較的傷口が小さく済むため、手術時間を短縮できます。顎の骨の厚みが5mm以上の場合に用います。