名取歯科医院はインプラント専門医が治療にあたります

院長 名取健寿は国内最大級のインプラント学会である「日本口腔インプラント学会」の認定するインプラント専門医です。約1万3000人の学会員のなかで専門医資格を保有するのは約 6% ほどで、5年以上の学会活動のもと10項目を越える厳しい条件と試験を経て専門医となります。もちろん、インプラント専門医だから無条件に安心できるという訳ではありません。
私はインプラント専門医として、「ご自身の歯(天然歯)を第一に考えた次世代のインプラント治療」で患者さんのお悩みに向き合っています。

インプラントありきでなく専門医として患者さん第一の選択を

インプラントが日本に導入されてから早40年位になります。私も30歳の頃からインプラント治療を導入しているので20年ほど患者さんと歩んで来たことになります。インプラントは入れ歯に比べたら取り外しもないですし、よく噛めると患者さんにも喜んで頂いてきました。インプラントは患者さんの快適な日常を向上させる大きなメリットがあります。

【日本口腔インプラント学会のインプラント専門医として伝えたいこと】

歯を失った患者さんにとって福音と言えるインプラントですが、一方でインプラント専門医として疑問も感じてきました。自分の歯を丁寧に治療して守る根管治療や修復治療をせずに、安易に抜歯をしてインプラント治療をする風潮があります。そして歯科医も患者さんもそれを「良し」としていると感じるシーンが増えてきました。

私は宇都宮で1番のインプラント治療数を目指してはいません。できるなら全ての患者さんに自分の歯で一生涯楽しく、快適に過ごして頂きたいと願っています。そのために歯を削らない、抜かない治療を実践しています。
これまでの他院での治療や、事故などのアクシデントでどうしても抜歯になってしまうこともあるでしょう。その場合はインプラント専門医の責任として最善のインプラント治療でお応えします。インプラント治療をすることによって「他のご自身の歯を残す」ことに繋がることもあります。インプラントとご自身の歯はお口の中で持ちつもたれつの関係でもあるのです。

CT画像を活用した安全性の高いインプラント治療

名取歯科医院では、インプラント治療では歯科用CTによって取得した画像でインプラント治療のシミュレーションを行います。歯科用CTでは、患者様の神経管や血管の位置、骨の幅や質などを3次元画像によって正確に把握できるため、インプラントの直径や長さ、埋入本数や方向などのシミュレーションが可能になり、より安全性の高い治療計画を立てることができます。

インプラント専門医と衛生士のコンビネーション

名取歯科医院は宇都宮におけるインプラント治療のパイオニアとして黎明期からインプラント治療に取り組んできました。医師だけでなく歯科衛生士、麻酔専門医をふくめたチーム体制のもと、常に最新の技術や知識を基にした治療を提供します。
最新の技術や治療にアンテナを張っていますが、「新しいから良い」ではなく、患者さんにとって「ベストのインプラント治療とはにか?」を常に考えた院内体制・研修体制が名取歯科の特徴です。

静脈内鎮静法で手術の痛みや不安感を軽減

インプラント治療は手術が必要になりますが、名取歯科医院では、その際「静脈内鎮静法」での麻酔を行っています。
「静脈内鎮静法」とは麻酔方法の一つで、鎮静剤の投与後に一定時間リラックスした状態になれる方法です。局部麻酔のため意識ははっきりしていますが、痛みや不安感、恐怖感を感じることなく手術が受けられます。インプラント手術は麻酔専門医の立ち会いのもと進行しますので、ご安心ください。