歯周病と喫煙との関係歯周病と喫煙との関係

歯周病と喫煙との関係

歯周病は生活習慣などが深く関与している病気です。
喫煙との因果関係もはっきりわかっています。
タバコのニコチンやタールなどの成分などにより、歯肉内の血管が収縮されてしまい、免疫が下がり抵抗力が下がったところに、細菌感染を起こしてしまうのです。
飲酒などの嗜好品も影響がありますので、治療をする際は生活習慣の見直しも必要かもしれません。

歯のお悩みはスマホ・PCからお気軽に、
24時間いつでもWEB相談。

無料オンライン相談

強引な治療の勧誘は一切ございません。
他院に通院の方もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約