取り扱い素材紹介

よく、歯の型を取る前に "白い歯にしますか、それとも銀歯にしますか" のようなお話をした経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。それによって治療費も変わりますよね。しかし、色の選択以外にも様々なことが違うのです。

まず、削る機器も様々なものがありますし、型を取る材料も自由診療の場合は非常に精密な材料を使う事によって精度の高い物を作る事が出来ます。精度の高い物がなぜ良いのか。それは歯と被せ物のスキマを出来る限り無くすことによって、歯垢いわゆる汚れを排除することが出来るのです。汚れが付きにくくなれば、虫歯になる可能性が低くなります。

しかし、いくらセラミックできれいな被せ物を入れても、毎日のセルフクリーニングをしなければ意味はありません。特に、前歯をセラミックで治療する事の最大の利点は歯をキレイに見せることはもちろん歯肉もキレイに育ってくるのです。

よく、前歯を保険治療の白い被せ物を入れたら、歯と歯の間にスキマが出来て見栄えが良くないとの訴えがあります。これは、カラダの反応でそうなってしまうのです。どうしてもプラスチックや銀歯の場合は汚れが付きやすく、歯肉の炎症が起きてしまうので結果的に歯肉が退縮してしまいます。

実例を見てみましょう。
この患者さんは、虫歯や歯を失った場所が多かったのですが、セラミックを用いた審美治療やインプラント治療をしてかみ合わせを回復させました。
また前歯を見てみると虫歯が大きく、また、歯によって色も違うためにセラミックで被せる治療を行いました。

セラミックを用いた審美治療やインプラント治療をしてかみ合わせを回復させました。2


オフィスホワイトニングで白い歯に!銀歯のお悩みを解消して美しく健康な歯と白い歯を!