銀歯の危険性

銀歯

従来、虫歯治療で当たり前のように使われてきた銀歯ですが、実は次のようなさまざまな危険性が潜んでいます。

歯と歯ぐきの境に
黒い線が出る
外側がセラミック製の被せ物でも土台に金属を使用していると、経年により歯ぐきが後退し、内側の金属が黒い線のように見えるようになります。
歯ぐきが変色 詰め物・被せ物に金属を使用していると、経年により金属イオンが溶け出し、歯ぐきが変色する傾向があります。
金属アレルギーの心配 長くお口の中に溶け出した金属イオンは、体内に取り込まれアレルギー反応を起こすリスクがあります。

このように、銀歯はお口だけでなく体にも悪影響を及ぼすことがわかってきています。銀歯をセラミックに取り替える審美歯科は見た目だけでなく、健康にも影響する治療です。

セラミックと銀歯の違い

  銀歯 セラミック
見た目 銀歯 セラミック
審美性 保険診療の銀歯は白い歯の中で目立つ 審美歯科の歯は天然歯に近い白さと透明感がある
周囲の歯への影響 金属のため硬く、噛み合う歯を傷める危険性があります 噛み合わせに併せて、硬さの種類を選択します
歯ぐきへの影響 金属イオンが溶け出して、歯ぐきが変色することがある 審美歯科の歯は影響なし
身体への影響 金属イオンが溶け出すことで、金属アレルギーの原因になる可能性がある 審美歯科で純セラミックを使用する治療を行った場合は、アレルギーの心配がない

オフィスホワイトニングで白い歯に!銀歯のお悩みを解消して美しく健康な歯と白い歯を!